顔が大きい原因とは

医者

顔が大きく見える原因は何?

そもそも、顔が大きく見えてしまう原因とはなんでしょうか。いくつか原因があるので、確認していきましょう。一つ目に考えられる原因は、顔周りの脂肪です。顔周りに脂肪があると、やはりどうしても顔全体が大きくなってしまいます。また、「ダイエットしたものの顔だけなかなか脂肪が落ちない」という人も多いと思います。こういった場合はクリニックでの脂肪吸引がおすすめです。他にも、脂肪の原因は水分不足のむくみであることもあるので、水分をしっかりとるようにしましょう。二つ目に考えられる原因は、顔の筋肉や骨格です。筋肉や骨格が張っていると、その分顔が大きく見えます。特に、エラが張っている人は顔のコケの原因ともなるので悩んでいる人も多いですよね。三つ目に考えられる原因は、顔のゆがみです。顔のゆがみの原因は、食事をするときの噛み癖が大きく関係しています。食事をするときに右か左、どちらか偏ってごはんを噛んでいませんか。この噛み癖は無意識であることが多いので、意識的にバランスよく噛むことが大切です。また、食事の際にしっかり顎を使って噛むことで顔のたるみを予防する効果もあります。

小顔になる方法とは

小顔になる方法として、一番効果があるのは美容整形です。美容整形というと、敷居が高いイメージを持った人が多いと思います。しかし、近年美容整形は一般の人々の間でも身近な存在になりつつあるのです。そして今、中でも若い女性の間で人気を集めているのがプチ整形と呼ばれるものです。プチ整形はメスを使わずに注射1本で行えるものが多いので、整形が初めてという人でもチャレンジしやすくなっています。費用も普通の整形より安いため、20代前半の女性が多く利用しています。そんなお手軽なプチ整形でも、小顔になる方法がいくつもあるんです。代表的なものがボトックス注射や脂肪吸引です。これらは施術時間も短いので、手軽に小顔を手に入れることができます。しかしその分、プチ整形は効果の持続期間が短いことが多いので気をつけなければいけません。プチ整形で小顔をキープするには、定期的に施術を受ける必要がありますので、詳しい内容はクリニックの医師と相談してみましょう。

顔の形について

小顔になるうえで知っておきたいのが、自分の今の顔の形です。顔の形によって、似合う髪型やメイクはもちろん、目指す顔の形が変わってきます。まず、多くの女性が憧れているのが卵型の顔です。面長と丸顔の中間のような形であるため、ロングヘアからショートヘアまで色々な髪型が似合うのも特徴です。有名なモデルさんや女優さんもこの卵型の方が多いですよね。また、顔の縦と横の長さが1対1に近い形は丸顔と呼ばれています。丸顔の人は、年齢よりも幼い印象に見えることが多いようです。そして、卵型に比べて顔の縦幅が広いのが面長さんの特徴です。面長は、顎がシャープであったり頬の面積が広い人が多くいます。ただ、この顔の面積を狭く見せたいと願う方もいるようです。面長さんの印象の特徴として、大人でクールなイメージを持った人が多いようです。他にも顔の形は色々あり、額が広い逆三角形や頬骨が少し張っているひし形などのタイプがあります。自分の顔がどのタイプか分からない場合は、周りの人に聞いてみたり美容外科の医師に相談してみるのもいいかもしれません。顔の形によって、印象や雰囲気も大きく変わってきます。自分が目指す顔の形はどれか、ぜひ考えてみてください。