小顔になる努力をしよう

カウンセリング

クリニックを選ぶときのポイント

小顔になるための美容整形を行うときには、どのクリニックや美容外科を予約すればいいか悩みますよね。まずは、自分がどのように小顔を整形したいかを考えておくことが大切です。メスを使うか、使わないかなどざっくりでいいのでどの施術方法がいいかチェックしておきましょう。また、クリニックを選ぶときは何件かのクリニックを比較してみると良いでしょう。料金や施術方法、口コミの評判など色々見比べてみてください。そして重要なポイントとしてカウンセリングも大切です。予約前や施術前に、無料でカウンセリングを行っているクリニックや美容外科がほとんどです。カウンセリングの際に、医師の対応や説明をしっかり確認しておきましょう。カウンセリングのときにアフターケアについても聞いておくと安心です。アフターケアをちゃんと行ってくれるクリニックであるかはとても重要です。あまり対応の良くないクリニックで施術してしまい後悔しないためにも、良いクリニックを選べるように心がけましょう。

メイクで小顔効果

整形と違って根元的な改善はできないのですが、メイクで小顔に見せる方法もあります。近年、即効性と手軽さでメイクで小顔になる方法を生み出している女性はたくさんいます。それらを参考にぜひメイクにも挑戦してみましょう。小顔整形を行った後も、このメイク方法を意識してみるとさらに魅力的な小顔になるかもしれません。小顔に見せるメイク方法として、押さえておきたいのがシェーディングです。これをするのとしないのでは、大きな差があります。シェーディングは、顎下や輪郭、額の生え際などに塗っていきましょう。また、シェーディングと一緒にハイライトをうまく利用するのもおすすめです。ハイライトは鼻筋にまっすぐ、目頭に沿ってくの字に入れると効果的です。ハイライトは粉を指でとってつけると密着力が上がり時間が経っても落ちにくくなります。顔に立体感がでるだけで、しゅっとした小顔に見せることが可能です。シェーディングやハイライトの他にも、アイメイクで涙袋をしっかり作るのも効果的です。涙袋をつくるとその分、目と認識される幅が大きくなります。これは目が大きく見えるだけでなく、その分顔の余白を埋めるため小顔効果もあるのです。また、顔の余白を少なく見せるのに最も効果的なのはチークです。チークは、頬の真ん中に逆三角形に塗ると小顔効果があります。チークは、適当に入れてしまうと逆に自分の顔を大きく見せてしまうので要注意です。小顔効果のある位置に入れるのも効果的ですが、自分の顔の形のタイプに合わせてチークを入れてみるのもおすすめです。

カウンセリングの申し込み

美容整形のカウンセリングを申し込むまでの流れを確認してみましょう。行きたい美容外科やクリニックが決まったら、まずは電話かメールでカウンセリングの予約を行います。そして予約当日にクリニックへ行き、受付を済ましていざカウンセリングを行います。カウンセリングでは、自分がどのような整形を行いたいのか、医師と詳しく相談しましょう。それ以外にも悩みや疑問、不安な点などはこのときに色々聞いておくことをおすすめします。カウンセリング終了後、具体的な施術の金額が提示されるので確認しましょう。施術の申し込みは、その日でなくても構いません。もしも、金額や施術に納得いかなければ別のクリニックを探しても良いので、後悔しないように慎重に考えましょう。